サプリで女性らしい身体~イソフラボンで女性の魅力をget~

微笑み

血行不良から体を守るため

サプリメント

血行を良くする作用

サポニンとは、主に根菜類に多く含まれている苦味成分で、これには血行を良くする作用があります。ゴボウや高麗人参には特に多く含まれているので、これらは食用とされるだけでなく、漢方薬の原料としても使われています。人間は、血液によって全身の細胞に栄養分を運んでいます。したがって血行が悪くなると、細胞が栄養不足になり、全身が弱っていきます。たとえば心筋梗塞は、心筋の細胞が栄養不足となり、心臓の機能が低下していくという病気です。心筋梗塞だけでなく、脳梗塞の原因にもなりますし、これらによって生命の維持も困難になっていきます。生命を守るためには、日頃から積極的にサポニンを摂取することが大事です。サポニンによって血行の良い状態が続けば、それだけ心筋梗塞や脳梗塞のリスクが低下し、長生きできる確率が高くなっていくのです。

高い抗酸化力

サポニンは、ポリフェノールの仲間で、他のポリフェノールと同じく抗酸化力に優れています。サポニンによって血行不良が改善されるのは、サポニンがこの抗酸化力によって、脂質の酸化を防ぐからです。脂質は酸化すると血管内にこびりつきやすくなり、それによって血管は狭められます。そして血管が狭くなることで血行不良の状態になっていくのですが、サポニンによって脂質の酸化が防がれれば、血管は広さを保つことができるようになります。そのためサポニンを摂取すると、血行が良くなっていくわけです。さらに抗酸化力によって、細胞の酸化も防がれやすくなります。細胞は酸化することでがん細胞を生み出しやすくなるのですが、サポニンを摂取していればその確率が下がることになります。つまりサポニンは、がんから体を守るためにも役立つ成分ということです。