サプリで女性らしい身体~イソフラボンで女性の魅力をget~

微笑み

善玉と悪玉の違いとは

食材

比重の違いで差が出ます

コレステロールには、善玉と悪玉があることをご存知の方も多いはずです。それでは、善玉と悪玉の違いとはどのようなことなのでしょうか。実は、比重の違いで差が出ているのです。元々、コレステロールは油の仲間ですから、通常では水に溶けません。コレステロールが血液の中に溶けるためには、アポタンパクと結合する必要があるのです。そして、アポタンパクと結合した状態をリポタンパクと呼び、高比重のリポタンパクになったコレステロールを善玉と呼び、低比重のリポタンパクになったものを悪玉と呼んで区別しているのです。そして、低比重リポタンパクのコレステロールは、血管壁に蓄積しやすく、やがて動脈硬化を引き起こすことになるのです。

動脈硬化が進むと

動脈硬化が進むと、血管壁が硬くなって血液の流れは滞っていきます。すると、さらに動脈硬化が進行することになります。そして、血管壁にたまっていたコレステロールが、血管内壁の破裂により血管内部に出てしまうことがあります。そうなると、血管内部で血栓ができることになります。血栓は発生した場所によって様々な危険な病態を引き起こします。例えば、心臓の冠状動脈で発生すると心筋梗塞を引き起こし、脳の動脈で起こると脳梗塞を引き起こすのです。ですから、動脈硬化になる前に、悪玉コレステロールを減らす努力が必要です。これには食生活の改善と運動習慣をつけることが必須です。また、オメガ3脂肪酸等のサプリメントの利用によって改善効果が期待できます。